※作成中

概論

XLNx3

アグロデッキ優位な環境

後述の様な理由から、アグロデッキが組みやすく、ゲームを有利に展開しやすい。

  • 強力な2マナ域
    イクサランの2マナ域には他の環境と比べても強力なクリーチャーがひしめいている。
    2マナ域にパワー3以上を出せるカードが複数あり、2/1飛行や2/2絆魂などキーワード能力持ちも強力。

    2マナ域.jpg

  • コンバットトリックが強い
    コンバットトリックの数自体は少なめだが、他の環境と比べてコンバットトリックのコストが軽く、質も悪くない。
    コモンの軽いコンバットトリックがどれもなかなかの性能を持つため、コンバットトリックでテンポを取りやすい。

    バットリ.jpg

  • ブロックを制限するカードが強い
    《縄張り持ちの槌頭/Territorial Hammerskull(XLN)》を筆頭に、相手のブロックを制限するカードが強い。
    海賊では《身勝手な粗暴者/Headstrong Brute(XLN)》が威迫でブロッカーを二体要求し、マーフォークは《大嵐呼び/Tempest Caller(XLN)》や《水罠織り/Watertrap Weaver(XLN)》で展開しながらブロックを阻害する。
    また《継ぎ当ての翼/Cobbled Wings(XLN)》が飛行をつける装備品としては軽く、色を選ばずクリーチャーがいきなり飛んで殴ってくる環境でもある。
    これらのカードのおかげでアグロデッキは攻勢を維持しやすい。

    維持.jpg

  • 除去が弱い
    軽量な除去カードがかなり少なく、コモンに3種、アンコモンに2種しかない。
    序盤に撃ててプレイアブルなものに限定するとあわせて3種程度。
    また、全体除去もアンコモン以下には海賊に効かない《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade(XLN)》くらいしかなく、対戦相手のデッキを選ぶ。
    除去を使ってテンポを取りに行く動きがしにくく、アグロデッキを動かしやすい環境である。

    除去.jpg

  • クリーチャー強化手段が豊富
    黒青赤の強化オーラ3種に加え、海賊では《海賊のカットラス/Pirate's Cutlass(XLN)》、マーフォークでは《川守りの恩恵/River Heralds' Boon(XLN)》など、クリーチャーを恒常的に強化するカードが豊富。
    上述の除去の弱さもあってオーラの弱みを突かれにくいため、オーラを積極的に使用できる環境でもある。

    強化.jpg

  • 軽量クリーチャーが中量級のクリーチャーで止まりにくい
    タフネスの高い生物のパワーが全体的に低く、タフネスで受けようとすると相手のアタッカーを討ち取れずにずるずると攻められたままになってしまいやすい。
    2マナに3/3相当のカードがあるにもかかわらず、アンコモン以下では3/3を一方的に討ち取れる4マナ以下のカードは《葉を食む鞭尾/Grazing Whiptail(XLN)》と探検で+1/+1カウンターの乗った《日の出の追求者/Sunrise Seeker(XLN)》のみ。
    つまり、4マナのカードが2~3マナのカードと戦闘しても、相討ちもしくはどちらも生き残るという結果になるのがざらである。
    5マナ域になってやっと安定して2マナ域のカードに一方的な戦闘を仕掛けられるようになる。
    よって、序盤に展開したクリーチャーが長い間殴り続けられるような展開になりやすい。

  • 圧倒的なボムが少ない
    レア以上のカードの強さが全体的に控えめで、単体でゲームに勝てるようなボムが少ない。
    そのため、コントロールデッキを組む旨味があまりない環境である。

部族シナジーのある環境

イクサランでは、恐竜、海賊、マーフォーク、吸血鬼の4つの部族が推されている。
これら部族のシナジーをうまく活用できるよう意識してピックしたい。

  • 色配分が歪んでいる点に注意
    部族が4つしかないため、色配分が歪んでいる。
    そのせいで、赤以外の色には部族シナジーを共有できない色の組み合わせがある。
    具体的には緑と黒、青と白の組み合わせは部族シナジーを共有できない。
    前者には探検、後者には飛行というテーマが与えられているようであるが、それをシナジーとして活かすためには特定のカードが必要。
    その特定のカードをうまくピック出来る保証はないため、他の色の組み合わせよりも不安定なピックになりやすいだろう。

    色配分.jpg

  • 必ずしもデッキを部族で染める必要はない
    全体的にどの部族にも全体に恩恵を与えるような横のシナジーを持つカードが少ない傾向にある。
    《オテペクの猟匠/Otepec Huntmaster(XLN)》《不吉な旗艦/Fell Flagship(XLN)》などレアリティの高いところにあるため、遭遇頻度も低め。
    代わりに、《猛竜の群れ/Thrash of Raptors(XLN)》《海賊のカットラス/Pirate's Cutlass(XLN)》など1枚その部族のカードがあれば機能するようなカードが多め。
    これらのような縦のシナジーを持つカードが部族シナジーを持つカードの多くを占めるため、必ずしもデッキ全体をその部族で染める必要はないだろう。
    取れたカードから考えて、部族で染めるべきデッキなのかどうかを柔軟に判断したい。

    部族.jpg

初心者へのアドバイス(XLNx3)

初手は腐りにくいカードに

上家と部族が被っているとまともなデッキになりにくいため、卓の流れを読んでピックすることが重要。
流れに沿うようにピックするとなると、部族に強く依存しているカードは初手として腐りやすい。
初手では、色が合えば必ず入る除去や部族を問わずデッキに入るクリーチャーを取るように意識してみよう。

アグロデッキを組むのが安定

アグロデッキが組みやすく動かしやすい環境なので、アグロデッキを目指してピックしてみよう。
赤白恐竜?赤黒海賊?がコモンだけで強いアグロデッキを作りやすいのでオススメ。
逆に、白緑恐竜?青黒海賊?はアグロデッキを組みにくいので、うまく強いデッキを組めるアイデアがなければ、避けた方が無難。

1マナ域のクリーチャーを積極的に採用しよう

この環境でアグロデッキを組むなら、1マナ域を何枚かデッキに入れることも考えよう。
アグロデッキ同士で対戦した場合、行動回数の多い側がライフレースを制しやすい。
1マナ域の質自体も他の環境よりも高く、デッキに採用しやすいカードが多い。
《帆綱走り/Rigging Runner(XLN)》など、簡単にパワー2相当の性能が見込めるものは迷わず採用していい。
《クメーナの語り部/Kumena's Speaker(XLN)》など条件付きのものは、きちんと条件を満たせるかどうかを考えて入れよう。
《火の祭殿の守り手/Fire Shrine Keeper(XLN)》、《立ち枯れの守り手/Blight Keeper(XLN)》など回避能力のあるものもデッキに入れる価値がある。

1マナ.jpg

2マナ域を多めに取ろう

2マナ域を出せるかどうかで勝負が分かれると言っても過言ではない。
2マナ域の優秀なカードがあれば優先的にピックしよう。
《ティロナーリの騎士/Tilonalli's Knight(XLN)》《司教の兵士/Bishop's Soldier(XLN)》《深根の戦士/Deeproot Warrior(XLN)》などがコモンでは優秀。
また、2マナ域の枚数が足りない場合は、《女王湾の兵士/Queen's Bay Soldier(XLN)》などあまりデッキに入れたくないようなカードでも確保しておきたい。
2マナ域が3~4マナ域の生物と戦闘しても一方的にやられることが比較的少ない環境なので、2マナ域がデッキに多すぎることになっても、デッキの強さにそれほど大きくは影響しない。
だから、2マナ域を取り過ぎることを心配するよりも、取れないことを警戒してピックしよう。

クリーチャーの割合を多めにしよう

クリーチャーを淀みなく展開することが攻勢を維持するうえで大切。
クリーチャーの割合を多めにしてデッキ構築したい。
17~18枚程度あれば安心。

攻勢を維持する手段を意識的に取ろう

アタッカーが殴り続けやすい環境とは言っても、相打ちを繰り返されると攻めきるのは難しい。
相手のブロッカーとの相打ちを避けながら攻勢を維持できるカードを意識的に組み込みたい。
《縄張り持ちの槌頭/Territorial Hammerskull(XLN)》《水罠織り/Watertrap Weaver(XLN)》などブロッカーを一時的に排除できるクリーチャーを取りたい。
《流血の空渡り/Skymarch Bloodletter(XLN)》《身勝手な粗暴者/Headstrong Brute(XLN)》などの回避能力を持つクリーチャーも優秀。
また、軽いコンバットトリックを入れたり、《風と共に/One With the Wind(XLN)》《向こう見ず/Swashbuckling(XLN)》などのオーラを使ったりするのも効果的。

対アグロを意識

アグロデッキが組みやすいということは、対戦相手もアグロデッキを使ってくることが多いということになる。
そのことを意識してデッキを組めると、勝ち星を拾いやすくなる。

ブロックで受けるよりもライフゲインを重視

ブロッカー2体を要求してくる《縄張り持ちの槌頭/Territorial Hammerskull(XLN)》や威迫持ち生物、ブロックをさせてもらえなくなる《水罠織り/Watertrap Weaver(XLN)》などがあるため、ブロックで捌こうとすると裏目を引きやすい。
ライフゲインできるカードを使ってライフレースで勝ちに行く方が安定する。
《駆り立てる僧侶/Inspiring Cleric(XLN)》《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger(XLN)》などクリーチャーにライフゲインのおまけが付いているカードが攻防に役立つ。

ライフゲイン.jpg

絆魂を活用しよう

絆魂持ちの生物で殴れれば、相手を攻めつつライフを得られて一挙両得。
《司教の兵士/Bishop's Soldier(XLN)》や《吸血鬼の印/Mark of the Vampire(XLN)》をうまく使えると、かなりライフレースで優位に立てる。
また、絆魂持ちの生物が殴りにいけないような状況になると、非常に勿体ない。
そういった状況を打破できるようなカードを意識的に組み込みたい。
《吸血鬼の士気/Vampire's Zeal(XLN)》などのコンバットトリックでサポートすればライフゲインの量も増えて一石二鳥。
《継ぎ当ての翼/Cobbled Wings(XLN)》で回避能力をつけるのもよいだろう。

オーラのついた生物への対処手段を取ろう

オーラが使いやすい環境なので、当然対戦相手が使ってくることも多いだろう。
オーラのついた生物を対処できるようなカードを確保しておきたい。
《崇高な阻止/Pious Interdiction(XLN)》《依頼殺人/Contract Killing(XLN)》などの確定除去がメインデッキに数枚あると安心できる。
青を使っているならば、《座礁/Run Aground(XLN)》などのバウンススペルをデッキに入れよう。
《風と共に/One With the Wind(XLN)》があることを考えると、緑なら飛行対策である《押し潰す梢/Crushing Canopy(XLN)》をサイドボードに置いておきたい。

オーラ対処.jpg

コントロールデッキを組む場合とは

前述したようにアグロデッキを組むのが安定ではあるが、卓の流れ次第ではコントロールデッキを作る方がよいこともあるだろう。
どういったときにコントロールデッキを組めるのかを知っておきたい。

コントロール向きのボムを引いた

圧倒的なボムは比較的少ない環境だが、セット全体をみれば当然何枚かはある。
《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker(XLN)》《残骸の漂着/Settle the Wreckage(XLN)》《マガーンの鏖殺者、ヴォーナ/Vona, Butcher of Magan(XLN)》などは多少不利な盤面でもひっくり返してしまうパワーがある。
こういったボムがあれば、コントロールデッキでも勝てる構成にできる。
色が合わないボムが複数流れてきたような場合には、《財力ある船乗り/Sailor of Means(XLN)》など宝物を生成するカードでまとめて全部使うことも考えたい。

ボム.jpg

《野茂み歩き/Wildgrowth Walker(XLN)》が複数取れた

《野茂み歩き/Wildgrowth Walker(XLN)》の誘発型能力は+1/+1カウンターを乗せつつ3点ゲインができるという破格の性能を持つ。
継続的なライフゲイン手段になりつつ強力な地上ブロッカーにもなるので、アグロデッキを強く牽制できる。
また、このカードを活用しようとすると探検持ちのカードが多く入ることになるので、土地の数が伸びるデッキになる。
そのため、《野茂み歩き/Wildgrowth Walker(XLN)》と軽めの探検生物で序盤を凌ぎつつ、伸びた土地でファッティを出して勝ちに行くというコントロールの形にするのが妥当。
《野茂み歩き/Wildgrowth Walker(XLN)》を使うということは緑なので、緑のファッティが採用しやすい。
《轟く棘背びれ/Thundering Spineback(XLN)》《翠緑の太陽の化身/Verdant Sun's Avatar(XLN)》など長引くほど有利になりやすいファッティが取れると嬉しい。

野茂み歩き.jpg


アーキタイプ

イクサラン

赤白恐竜
赤緑恐竜
白黒吸血鬼
青緑マーフォーク
赤黒海賊?
青黒宝物コントロール?
緑黒探検?

参考記事・外部リンク

コメント

コメントはありません。 ブロック一覧/イクサラン・ブロック/ドラフトcomments?

お名前:

添付ファイル: fileボム.jpg 142件 [詳細] fileライフゲイン.jpg 150件 [詳細] fileオーラ対処.jpg 143件 [詳細] file1マナ.jpg 156件 [詳細] file部族.jpg 201件 [詳細] file色配分.jpg 145件 [詳細] file強化.jpg 186件 [詳細] file除去.jpg 143件 [詳細] file維持.jpg 135件 [詳細] fileバットリ.jpg 188件 [詳細] file2マナ域.jpg 144件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-09 (火) 23:43:22 (281d)