概論

HOUx2 AKHx1

アグロ戦略の後退

  • 除去の強化
    アモンケットの除去は一部を除きパッとしないものが多かったが、破滅の刻の除去は優秀なものが揃っている。
    特に、赤の除去の数は突出している。
    以前はあまり除去を意識せずプレイすることができたが、破滅の刻後はそうもいかないだろう。
    カルトーシュを気軽にデッキに放り込めたアモンケットだけのドラフトと同じ感覚でいると、 痛い目を見るかもしれない。
  • 督励生物の減少
    アモンケットと比べ、破滅の刻のコモン督励生物の絶対数は減少している。
    スモールエキスパンションとはいえ、割合で見ても少なくなっている。
    防御側が不利だった環境が多少緩和されたと言える。
  • ディフェンシブな生物の強化
    アモンケットのみの時と比べ、防御面で強いクリーチャーの数が増えた。
    攻防に使える《忘れられた王族の壁/Wall of Forgotten Pharaohs(HOU)》、二マナ接死で不朽・永遠に睨みをきかせる《廃墟ネズミ/Ruin Rat(HOU)》、ブロッカーとして十分なタフネスがありながら死亡時にドローできる《残忍な野猫/Feral Prowler(HOU)》、1マナにしては固い《王神の信者/God-Pharaoh's Faithful(HOU)》などが挙げられる。
    特に、色を選ばず序盤から終盤まで活躍できる《忘れられた王族の壁/Wall of Forgotten Pharaohs(HOU)》は優秀。
    アグロデッキを組む場合はこれらを乗り越える手段を意識する必要があるだろう。

シナジーの希薄化

アモンケットの時と比べ、いくつかのテーマは鳴りを潜めてしまっている。
サイクリングはボードに干渉するシステムを失い、青赤スペルは強力なアンコモンが減り、-1/-1カウンターは乗せにくくなり、ちょい勇は破滅の刻に皆無である。
督励やゾンビのシナジーは健在だが、意識してピックしなければならないというほどでもない。
以前よりも、単体のカードの質を重視したピックを行うことになるだろう。

AKHx3

アグロ戦略が優勢

  • 督励の存在
    督励は1回だけアンタップしなくなる代わりに攻撃クリーチャーにボーナスを与える能力。
    例えば、2マナの《突風歩き/Gust Walker(AKH)》は3/3飛行となり、3マナの《頭巾の喧嘩屋/Hooded Brawler(AKH)》は5/4となる。
    このように、督励したクリーチャーは同じマナ域のクリーチャーをほぼ寄せ付けないスペックを誇る。
    督励したクリーチャーに対して、防御側プレイヤーは不利な戦闘を強いられたり、そもそもブロックができなかったりしがち。
    この能力のため、アグロ寄りの戦略に優位がある環境となっている。
  • 除去の薄さ
    アモンケットには軽量な除去スペルが少ない。2マナ以下のコモンかつプレイアブルという観点で見れば、白に2枚(《強制的永眠/Compulsory Rest(AKH)》《絶妙なタイミング/Impeccable Timing(KLD)》)、赤に1枚(《マグマのしぶき/Magma Spray(AKH)》)だけだ。
    また、重い除去も頼りなく、5マナの確定除去《最後の報賞/Final Reward(AKH)》、4マナ4点火力《感電/Electrify(AKH)》など、プレイアブルではあるがパッとしない。
    この除去の薄さから、ディフェンシブなデッキが組みにくくなっている。

アグロ戦略への対抗策

とはいえ、アグロ戦略に全く対抗できないかと言えば、そうでもない。
督励はブロックされにくくなる代わりに1回アンタップしなくなるため、それだけならゲームが終わるターン自体は極端に早くはない。
《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition(AKH)》の絆魂でライフレースをひっくり返したり、《楽園の贈り物/Gift of Paradise(AKH)》で時間を稼ぎながらマナブーストし《大いなるサンドワーム/Greater Sandwurm(AKH)》など巨大なクリーチャーで盤面を制圧するなどといったことも十分に可能。
また、アグロ戦略での筆頭色である赤の軽量生物にはタフネス1のものが散見される(《ネフ一門の鉄球戦士/Nef-Crop Entangler(AKH)》《血に飢えた振起者/Bloodlust Inciter(AKH)》)ため、《華麗な苦悶/Splendid Agony(AKH)》やサイドボードからの《猛火の斉射/Blazing Volley(AKH)》でアドバンテージを得ながら序盤を凌ぐこともできる。
対アグロ戦略を意識してデッキ構築、サイドボード用のピックをすれば、アグロ戦略にも十分対抗可能だ。

オーラ戦略が有効

コモンのカルトーシュサイクルが強力。
単体の性能が高く、《活力のカルトーシュ/Cartouche of Strength(AKH)》と《弱者狩り/Hunt the Weak》など、これまでのコモンカードの明確な上位互換があるほど。
通常リミテッドではオーラは使いにくい種類のカードだが、場に出た時の誘発型能力があるため、カルトーシュをつけたクリーチャーを除去されても損失が少ない。
また、上述の除去の弱さから、インスタント除去をケアしながらオーラを貼り付けるのが比較的容易な環境である。
このことから、オーラならではの弱みを突かれることが少ない。
にもかかわらず、試練とのシナジーも持っている。
試練とカルトーシュが卓の誰かに集まるとそれだけで負けかねないこともあり、意識的にピックするべきだろう。

アーキタイプ

HOUx2 AKHx1

Tier1

Tier2以下

AKHx3

Tier1

Tier2以下

参考記事・外部リンク

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 参考記事追加 -- 2017-08-04 (金) 12:52:22
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-04 (金) 12:52:10 (501d)